×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004 WNBA Draft Party

当初ドラフトが行われるニュージャージーのスタジオでの入待ちをしようと思っていましたが、WNBA.comにマンハッタンのESPNゾーンでドラフト・パーティが行われ、サイン会もあるということで家族で行きました。ゲストは現役WNBA選手のベッキー・ハモンとデビー・ブラック。そして、トップ5ピックの5人と11位指名のイシィス・ティリスがサイン会を開いてくれました。家族で行った強みを生かして、ダイアナからもらったサインは7つ。写真もいっぱい撮れて、楽しいイベントでした。

相変わらず美しい、ニューヨーク・リバティのベッキー・ハモンがゲスト。
もうひとりのゲスト、コネチカット・サンのデビー・ブラック。 ドラフト会場からまず到着したのはダイアナのお父さん。
次にNo.5ピック(リバティ)のシャメカ・クリストンとNo.3ピック(スティング)のニコール・パウエルが到着。
地元ミネソタにドラフトされず、ちょっと不機嫌(?)な
No.4ピック(サン)のリンジー・ウェイレン。
まずはニコール・パウエルとシャメカ・クリストンの
サイン会がスタート。
ついにダイアナ・タラージとアラナ・ビアードが到着。 デトロイト・ショックに1巡目11位で指名された
デューク大のイシィス・ティリスのサイン会がスタート。。
途中でアラナが合流。右はうちのボールにサインをするアラナ。
地元リバティに指名されたシャメカ・クリストンは早速写真撮影を開始。
リンジー・ウェイレンのサイン会がスタート。
この3枚はいずれもうちが用意していたアイテムにサインしてくれているところ。
遂に真打ちダイアナのサイン会がスタート。
上の6枚はいずれもうちのアイテムへのサインです。
遂にダイアナとのツーショット達成! アラナとダイアナのコ・サイナー・ボールです。