×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004 NBA Draft 観覧記

昨年に引き続き、今年もドラフトを見に行きました。去年はチケット購入までに2時間も並ぶ羽目になったので、今年も覚悟してMSGへ行ったのですが、外には列がなかったため、不思議に思いながらボックスオフィスのほうへ行くと、わずかな列しかできておらず、結局発売開始から20分であっさり買えました。それほど去年に比べると注目度が低いのでしょう。また去年はトップ3ピックはほぼ事前に確定していたので、観客が指名を真剣に聞き始めたのはNo.4ピックからで、それまではがやがやとうるさかったのですが、今年はオーランドがトップピックでドワイト・ハワードとエメカ・オカフォーのいずれを指名するかわからなかったために、指名の瞬間は自然と静かになり、いい感じでした。

今年も会場はMSGシアターです。 会場全景。
指名を待つDwight Howard。 コミッショナー、David Stern登場。
No.1でピックされた瞬間のDwight Howard。 No.1 Pick Dwight Howard。
インタビューの準備をするDwight Howard。 No. 2 Pick Emeka Okafor。
No. 3 Pick Ben Gordon。 No.4 Pick Shaun Livingston。
No. 5 Pick Devin Harris。 No. 6 Pick Josh Childress。
No. 7 Pick Luol Deng。
No. 8 Pick Rafael Araujo。 No. 9 Pick Andre Iguodala。
No. 11 Pick Andris Biedrins。 サインをするDwight Howardのお父さん。
ロッタリーピックが出揃ったドラフトボード。 ESPNの中継ブース。